ENTRY

学ぶ機会を得てキャリアを積み
仕事もプライベートも充実

永橋 美桜

神戸支店
ネットワーク部
エリア品質担当
2020年入社

コロナ禍の研修はリモートでみっちりと

2020年度入社は特別な環境でしたね

はい、はじめの3ヶ月は主にリモートで研修を受けました。当初は少し不安がありましたが、ドコモグループの経営方針やグループ企業の役割など、毎日いろんなことを学ぶうちに少しずつ社会人としての自覚が出てきました。配属されてからは先輩に直接教えてもらっています。

どんな仕事を担当していますか?

神戸管轄エリアで、基地局からの電波を調整し、お客様にとって快適な通信環境の維持・改善をする部署です。ビッグデータ・現地でのデータ・お客様からの申告を基にエリア状況を確認し、データを分析して、社内にフィードバックし、対策を講じて再度対象エリアの評価を行います。

業務を一人で完遂できたときの喜び

仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?

社内の他部署とコミュニケーションをとって改善を進めていくのですが、私はまだ知識やスキルが不十分なので、先輩や関連部署の方々の話をしっかり聞いて、自分なりの解釈を深めています。そのうえで、自分の考えや方策が合っているかを先輩たちに明確に伝えて確認し、ミスがないように進めています。仕事はチームワークが大切だと実感しています。

入社して一番嬉しかったことを教えてください

やはり、業務を一人で任されたときです。エリアの実態を知るために、問題を洗い出すための調査方法を自分で考えて、一人で現地に行って目的のデータを抽出し、そのデータを活用して分析し、対策を提案できたときは嬉しかったです。さらに、その対策が実施されて効果があったときに、やりがいを感じました。

国家資格に挑戦して仕事の幅を広げたい

ドコモCS関西を選んだ理由はどんなところですか?

ドコモは日本でのシェア率がNo.1であり、生まれ育った関西で地域に貢献できる公共性が高い事業だということに魅力を感じました。私自身、情報系の学部出身ですが、通信に関しては門外漢で、入社したときはほぼゼロからのスタートでした。でも、研修制度が充実しているので基礎からしっかり学べました。

今後のキャリアをどんなふうに描いていますか?

入社してから国家資格である2級陸上特殊無線技士を取れたのが励みになりました。電波に関する知識をより広くより深く身につけることで、業務の幅を広げたいので、次は1級を目指します。かなり難しいのですが、先輩たちからアドバイスをもらいつつがんばります。学ぶことも含めて仕事が楽しいのでずっと続けたいと思っています。

先輩や同期とのあたたかい関係に包まれて

先輩との関係はどうでしょう

上司は、自身の仕事をバリバリこなしながらも、プライベートでは2児の母という、社会人としても女性としても尊敬できる人です。常に全体を見、新人の私にも多くのことを丁寧に教えてくださるので、少しでも不安が生まれたらすぐに相談します。的確なアドバイスがもらえる点からも信頼できる人です。先輩たちの、新人を育てようというあたたかい気持ちが伝わってくる会社です。

同期とのコミュニケーションはどうですか?

7月にそれぞれの部署に配属され、各自の業務に取り組んでいるのですが、先日行われた1年目社員の報告会で久しぶりにみんなと会いました。フィールドは違いますが、みんなが頑張っている姿を見て、私自身のモチベーションも上がりました。
今は若手社員研修もリモート形式が大半で、直接顔を合わせる機会は少ないですが、やはり同期の絆は深くて、仕事で行き詰まった際には、他部署でがんばっている同期の姿を思い浮かべて前向きに取り組んでいます。

仕事とプライベートを充実させて人生を楽しむ

就職活動をしている方々にメッセージをお願いします。

ドコモCS関西は、本当に福利厚生が充実しています。休暇の種類も多くて取りやすい雰囲気があり、フレックス制度と合わせて、働きやすい会社だと思います。私の部署は自分でスケジュール管理ができるので、休暇のスケジュールもたてやすいですね。落ち着いたら国内旅行に行こうと思っています。仕事とプライベート、両方を充実させておられる先輩たちを間近に見ていると、それが豊かな人生への道なのだと感じています。
私自身もまだまだ勉強中ですが、新しい変革のまっただなかにある通信事業で一緒に挑戦していきましょう。