ENTRY

スペシャリストになるために
向上心と対話力で挑む

比嘉 秀享

ネットワーク運営事業部
アクセスリンク運営部
アクセス保全担当
2019年入社

希望する職種に就けて充実感のある毎日

どんな仕事をしていますか?

ネットワーク運営事業では、基地局設備の保守・保全、災害地での救済活動などを行っています。私の日常の業務としては、基地局で発生した故障の修理対応や協力会社へ手配などです。そのほか、災害対策の訓練をしたり、業務に必要な資格や免許を取得するための勉強をしたりもしています。

入社時に希望していた部署だったんですか?

部署名までは把握していませんでしたが、配属希望の面接時に、機械やシステム系が好きで、修理や保守作業をしたり、実際に現地に出向けるような仕事がしたい、と伝えました。すると、「アクセス保全という部署があるよ」ということで、配属してもらいました。

ご自身が現地に出向いて修理対応することもあるんですか?

はい。むしろ、現地に赴くことのほうが多いかもしれません。もともと社内でずっとデスクワークをするよりも、外に出るほうが好きなので、日々変化や発見に富んだ今の仕事に満足しています。

失敗が大きな学びになった

仕事をするうえで大切にしていることは何ですか?

コミュニケーション力を大事にしています。というのも、以前、ある失敗をしまして……。
配属当時、先輩方に業務を教えていただいているなかで、「いつもの業務だな」と勝手に判断して、誰にも何も聞かず、言わず、協力会社に手配作業を進めてしまったんです。しかし、すでに別の方が協力会社に手配済で、ダブルブッキングしてしまった。
この経験から、報告や連絡をしなきゃだめだなと学びました。「ぼくがします」とか「お願いします」などの意思表示をちゃんとしようと思うようになりました。
尊敬している先輩にも「知識は3、連絡やコミュニケーションは7で行け」、つまり、人とのつながりは大事だということをよく言われています。
普段から周囲の人、それは社内だけじゃなく協力会社などの社外の方々ともコミュニケーションをとって話のできる関係を築いておけば、仕事がより円滑に進むと、肝に銘じています。

いまは在宅勤務も多いですし、対面でのコミュニケーションが難しいですね。

電話で話すときにも、仕事のことだけではなく、他愛もない話を織り交ぜたり、新人とまだ会っていないお客さまには「こういう子が入ってきたんですよ」と仲介役をやってみたり。みんなが出社できるようになったときにスムーズに意思疎通が図れて、全体的に風通しの良い職場になればいいなと思っています。

スキルアップのチャンスが多いから励みになる

どんなときにやりがいを感じますか?

基地局の復旧作業を行って「つながるようになったよ、ありがとう」と言っていただくと、役に立てたなぁと実感します。
それに、日々いろんな業務があるので、さまざまなことを経験できるのもうれしい。今、5G装置の作業をおこなうために、新たな技術系の資格取得を目指しています。すごく難しいので、一発合格とはならないかもしれませんが、挑戦したい。取得できたら必要とされることも増えるし、報酬金もいただけるし(笑)。モチベーションアップになっています。

日々の積み重ねで夢を叶えたい

これからどんなキャリアを描いていますか?

先に述べた先輩のようにコミュニケーション能力が高く、業務スピードが速くて正確に判断し、お客さまのためにいち早く設備回復ができるような保守保全のスペシャリストです。自分が理解したり実践できるようになるだけではなく、誰かに聞かれても的確に回答したり、教えることができるようになりたい。そしていつか、東京転勤のチャンスが舞い込んできたときには、自信を持って「行きます!」と手を挙げられるように、コツコツと知識や経験を積み上げておきたいと思っています。

知識と経験を積み重ねて自分が成長できる会社

就職活動をしている方々にメッセージをお願いします。

弊社は全体的に、とても働きやすい会社だと思います。勤務時間や残業の管理、福利厚生や業績評価などの体制も整っています。体調を崩すような働き方は絶対にないです。ワークライフバランス面は私が入社を決めた理由のひとつでもあります。
また、いろんな部署がありますが、それぞれに知識や経験を積んで、成長することのできる会社だと思っています。
就職は、人生の大きな選択です。社会に出る前に、さまざまな世代の人たちと交流を深めてたくさんの情報に触れてください。そうすることできっと、自分の選びたい道が見えてくると思います。ファイト!