企業情報

ホーム > 企業情報 > 健康経営

健康経営

ドコモCS関西では、多様な人材が自律・チャレンジし、それぞれの能力を最大限発揮することが、お客様に高品質なサービスを提供しつづけること、ひいては、企業の成長につながると考えています。
そのためには社員一人ひとりの心身の健康が不可欠です。私たちは、社員の健康増進を重要事項と位置付け、代表取締役社長をトップとした健康経営推進体制を構築、NTTグループ全体の取り組みおよび独自の取り組みを実施しています。

健康診断

労働安全衛生法に基づき年1回全社員に対し健康診断を実施しています。特定の年齢に達する社員に対しては、節目健康診断として法定項目を上回る検査項目で健康診断や脳ドックを実施しています。また、より多項目の検査を希望する社員は、会社補助を受け人間ドックを受検することもできます。定期健康診断や人間ドックなどの結果により、産業保健スタッフによる保健指導を実施しています。

メンタルヘルスケア

社員などを対象に「厚生労働省の指針4つのケア※」を基本に各種施策を展開しています。主な施策として、セルフケアではストレスチェックや研修、ラインケアでは管理者向けの各種研修、事業所内産業保健スタッフによるケアでは職場巡視や健康診断結果に基づいたフォロー・面談、長時間労働者に対する面談・指導、そして事業所外資源(EAPサービス)によるケアとして社外カウンセリング窓口を設置しています。ストレスチェックはセルフケアのための利用に加え、実施結果の集団分析に基づく各組織のストレス状況や原因を組織にフィードバックし、必要な研修や対策の実施による職場改善に向けた取組みにも役立てています。ストレスチェックにおいて回答した内容や結果については厳格に取扱われプライバシーは保護されています。
※事業場における労働者の心の健康づくりのための指針

フィジカルケア

定期健康診断・人間ドックの結果分析などを元に、食・睡眠・運動などの側面から、正しい健康知識に基づいた生活習慣を身に着けるため、社員を対象とした健康関連のセミナーを実施しています。
また、ドコモグループ社員やドコモショップスタッフ全体で実施している「ドコモみんなで歩こう!キャンペーン」に参加しています。

禁煙

事業所内は完全分煙とし、受動喫煙の防止に取り組んでいます。

社外評価

2019年度・2020年度・2021年度、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する、優良な健康経営を実施している企業・認定する制度である「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に認定されました。

2019年度・2020年度・2021年度、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」に認定されました。

このページのトップへ